BLOG

2020年06月11日BLOG

<ほけんリーグブログ>子供に医療保険は不要? (プロほけん選手 樋口)

気象予報士プロほけん選手、一児の母の樋口です。

梅雨が近づいています。(※本日、関東地方の梅雨入りの発表がありました。)

近年、梅雨時期には、毎年どこかで大きな被害が発生しています。

万が一に備えて、我が家では以下のものを用意しています。

・ペットボトルの水

・水だけで食べられるお米

・缶詰のパン

・水の要らない簡易トイレ

など

最低1週間程度、生活できる生活用品や食料を用意するようにしています。

我が家以上に、万一への備えを徹底しているご家庭も多いと思います。

さて、人生においても「備え」は大事です。

「お金の準備」という面から備えることができるのは保険の重要な役目です。

お客様からのご相談で多いのは、

お子様の保険についてです。

「子供の医療保険は必要か?」という相談をよく受けます。

医療費は中学生まで無料という自治体が多く、子供に医療保険をかける必要はないと考えている人も多いと思います。

我が家にも小学3年の息子がいます。

この仕事をする前までは、子供に医療保険は不要と思っていました。

しかし、万一子供が怪我や病気になった場合、かかる費用は医療費だけではありません。

我が家だけでなく、以下を考慮して医療保険への加入を決める人が多くなっています。

・万一、子供が入院したら親は働くことはできるか?

→就労不能の保障が必要

・万一のとき、子供に付き添うならば、個室の方が安心

→差額ベッド代が必要

・そもそも大人と子供で、必要な医療保険はちがうか?

→同じでよいのでは。安い保険料で一生涯の保障を持つことができる。

ご家庭によっていろんな考え方もがあります。

いずれにしても、大切なお子さんの「一生」を考えて、選択をしてあげることは、親としてできる最高の贈り物ですね。

お子様への医療費の備えについて、少しでも気になる方は、ご相談お待ちしております。ウェブでのリモート相談も承っております。

https://hokenleague.co.jp/soudan_form/

プロほけん選手 樋口和美