BLOG

2020年05月11日BLOG

<ほけんリーグブログ>〇〇の大切さを痛感 異業種から転身 (プロほけん選手 樋口)

はじめまして。プロほけん選手1年目の樋口和美です。

前職は、天気に関わる仕事をしていました。

最新の天気予報をわかりやすく伝えることが主な仕事で、気象キャスターも務めました。

そんな私が、なぜ保険の仕事をはじめたのか。

この場をお借りして、少しばかり思いを語らせていただきます。

近年の甚大化する気象災害で、全国各地で大きな被害が多発しています。

気象予報士としては、的確な予報を確実に届けることが重要な任務でした。

しかし、去年の台風15号、19号の襲来で、各地から届く生々しい被害の映像を見て、命は助かったとしても、元の生活に戻るためには、大きなお金が必要になる…と、今更ですが、気が付きました。

台風19号による被害(家屋の倒壊)

台風19号による被害( 大規模冠水)

近年、気象災害は、技術の発達で、以前よりも予想できるようになりました。ただ、的確に避難して、命は助かっても、安心して住めるお家がなくなったら…。

命を守ることは最優先です。その次に、いかに早く元の生活に戻れるかが大事になります。

そのためには、いろんな支援に頼るだけでなく、自分で「お金の準備」をしておくことが必要です。そのお金の準備方法のひとつとして、保険があります。

お金の準備をするためには、保険を知っている人と知らない人では大きな差が出ます。

気象の仕事で心がけていた「わかりやすく解説する」という点は、保険の仕事でも一緒です。

より多くの人に保険の良さをわかりやすく伝えて、万一の時への不安を取り除くお手伝いができるということ。保険の仕事は、天職であり、これまで関わった方へ恩返しができると思いました。

異業種からの転身ということで、絶賛FPの勉強中の身ではありますが、少しでも不安を取り除けるように一緒に考えますので、どうぞお気軽にご相談ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。