2020年08月14日BLOG

<ほけんリーグブログ>賢く熱中症対策(プロ保険選手 森山)

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
東京は梅雨明けから一転暑い日々が続いております。
40度近くを記録する地域もありしっかりとした熱中症対策が必要です。
また以前とは異なりコロナの影響でマスクをされている方がほとんどだと思います。
そういった中で賢く熱中症対策をしていく必要があります。

環境省と厚生労働省が「令和2年度の熱中症予防行動」というものを発表しています。
「新しい生活様式」の中で熱中症にならない為の行動を5つ上げていますのでご紹介いたします。

1. 暑さを避けましょう
適宜エアコンを使用し部屋の温度を調整しながら過ごすことがたいせつなようです。またコロナ感染防止のため随時部屋の換気をすることが推奨されております。エアコンでは喚起はされないので1時間に10分程度窓を開ける等で換気する必要があるそうです。

2. 適宜マスクを外しましょう
気温や湿度が高い中でのマスク着用は特に注意が必要で熱中症の危険が高まります。「冷感マスク」等を着用するなど工夫しながら、人との距離が2メートル確保できる場合はマスクを外すなどして適宜休憩する必要があります。

3. こまめに水分補給をしましょう
のどが渇く前に水分を取ることを意識し積極的な水分補給が必要です。
マスクをしていると湿気があるので喉の渇きが感じにくいことがあるので要注意です。また水分だけではなく適宜塩分も取るようにするのが必要です。

4. 日ごろから健康管理をしましょう
日ごろから体温を測る等して健康管理をしましょう。
また少しでも体調が優れないときは無理をせずしっかり静養するようにしましょう。

5. 暑さに備えた体づくりをしましょう
1日30分程度「ややきつい」と感じる程度の運動がおすすめです。
日中の熱い時間ではなく朝の涼しい時間帯を利用することで人も少なく涼しい中で運動ができるのでお勧めです。


上記5つ「熱中症予防行動」よりご紹介させていただきました。
その他にも市販で売られているヒンヤリグッズを活用する等ご自身で工夫しながら熱中症対策をされてみてください。
コロナ禍で例年よりも工夫した対策が必要となります。
天気予報を見るなどして熱い日はなるべく無理をせず体調第一で暑い夏を乗り切りましょう。