2021年01月22日BLOG

<ほけんリーグブログ>生命保険への加入を検討するタイミング(プロ保険選手 照沼)

皆さんこんにちは!
プロ保険選手の照沼です。

皆さんは生命保険にいつ加入したらよいか悩みませんか?
今回は生命保険への加入を検討するタイミングについてお話したいと思います。

生命保険は若いうちに加入した方が良いと聞いたことはありませんか。実はその通りで、いくつか理由があるのでご紹介いたします。

理由1 <一般的に若いうちに加入した方が保険料が安い>
生命保険は若いうちに加入した方が保険料は安く抑えられます。年齢が上がるにつれて、死亡や病気にかかるリスクが上がるからです。例えば同じ保険に25歳で加入した場合と35歳で加入した場合、保障期間は10年も違うのに、トータルの保険料は35歳から加入した時の方が高くなります。

理由2 <30代前半と40代後半で健康リスクは大幅に異なる>
30代前半も40代後半も元気な人はたくさんいます。しかし、30代前半に比べて40代後半の死亡率は男女ともに3倍近くになってしまいます。ちなみに私は40代前半ですが、まだまだ元気だから大丈夫と思っていても、実際は人間ドックでかなりの検査項目で引っ掛かります。早めに保険に加入しておいて正解だったとひしひしと感じています。

理由3 <病気をしてしまうと、加入できる保険の選択肢が狭まる>
一度病気をしてしまうと、加入時点で契約者が健康であることを前提とした保険には加入が難しくなることがあります。加入できたとしても、保険料が割り増しになったり、医療保険などでは悪くなってしまった身体の部分に対して、不担保(この部分の病気に対しては保険金や入院費や手術費用はおりません)になる場合があります。
また、既往歴があっても加入しやすい保険商品も存在しますが、通常の保険商品よりも保険料が高めに設定されていたり、保険金の支払い条件が厳しい場合が多いです。

以上の理由から生命保険にはできるだけ早く加入した方がよろしいかと思います。
しかし、日々の生活の中でお金の出費はできるだけ抑えたいと思う気持ちも分かります。
なので、「ライフスタイルが変化したタイミング」で検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、就職・結婚・出産などです。
ちょっとお話が長くなりそうなので、次回も引き続きこのお話をしていきたいと思います。

コロナでおうち時間が増えていると思います。こういう時だからこそ、保険について考えてみませんか。保険は万能ではありません。でも将来の不安を解消できる一つの手段です。

まずはご相談ください。このような時期ですのでWEBでのご相談でも大丈夫です。
ご連絡お待ちしてお ります。