<ほけんリーグブログ>幼児教育にかかる費用はどれくらい?

2021年04月06日BLOG

こんにちは!

今回は、幼児教育にどれくらいのお金がかかるのかについて簡単にご紹介していきます!

幼児教育は大きく「0~2歳児クラス」と「3~5歳児クラス」とで分けられます。
0~2歳児クラスについて、認可保育園はお住いの自治体によっても違いますので、各自治体ホームページをご覧ください。

一方で認可外施設に関しては、平均利用料で約5万円の月額利用料がかかっているようです。
(厚生労働省「平成30年度地域自動福祉事業等調査結果の概況」を参照)

次に3~5歳児クラスはというと、ご存じの方も多いかと思いますが、2019年10月から「幼児教育・保育の無償化」が始まったことによってかなり負担が軽減されることになりました。

制度をかなり簡略にお伝えすると、
・認可保育園の場合 
  すべての施設利用料が無償化
・認可外保育施設の場合 
  月3.7万円まで無償
・幼稚園の場合 
  月2.57万円まで無償

このようにすべてが無償化するわけではありませんが、大幅な自己負担額の軽減が可能になりました。

なかには、「幼稚園は無償じゃないのか」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、公立であればほとんど無償の範囲で収まるのではと思います。
参考までに下表をご覧ください。

(文部科学省「子供の学習費調査」/2018年度」

いろいろと言われている国ではありますが、少子化対策を始めています。そのおかげで、今はお子さんが小学校に進学するまでは「かなりお金が貯めやすい状態」にある方がほとんどだと思います。

むしろ、ここで貯められなくてはその後がかなり大変だと思いますので、しっかり将来の準備を計画的にしていきましょう。

子供の教育費が人生の三大支出の一つに数えられます。それだけ大きなライフイベントだということですが、ちゃんと計画的に準備ができていない方も少なくはありません。

弊社では、これから起こりえる「ライフイベントを見える化」して、どのように準備をしてくかまで適切にアドバイスができるプロ保険選手が多数在籍しておりますので、ぜひ一度無料相談をお申込みください。