2021年01月20日BLOG

<ほけんリーグブログ>あなたの保険の支払範囲大丈夫ですか?(三大疾病編)

こんにちは!
プロ保険選手の長谷川(レンタル移籍中)です。

三大疾病を保障範囲とした保険が販売されるようになって久しいのですが、ひと口に「三大疾病」と言っても保険においては保険金の支払い事由に差があったりします。
三大疾病とは、「悪性新生物、心疾患、脳血管疾患」の3つを指します。悪性新生物は癌と言い換えた方がわかりやすいでしょうか?

今回は同じように三大疾病を保障すると謳っていても差がある支払い事由の差について簡単に取り上げたいと思います。
細かい比較をするとキリがないので、グラフを用いて説明します!

まずは「心疾患」についてです。下のグラフをご覧ください。

こちらは心疾患の内訳を表したものです。心疾患と言っても沢山の病気があることがわかります。

この中に急性心筋梗塞(2.7%)というものがありますが、心疾患の内この病気のみを支払対象としている会社もあれば、心疾患を網羅して支払対象としている会社もあります。

三大疾病で保険金が支払われると思いきや、細かい部分で支払対象とならない可能性があるんですね。

その他、脳血管疾患も脳卒中のみを対象にするものもあったりします。
脳血管疾患については、下の図をご参照ください。

支払対象範囲が狭いから悪いとか、広いから良いという話ではなくて、日ごろたくさんの方の保険を診ていて、この三大疾病に関する認識の齟齬が起こっていることが多々あるなと感じます。

そのあたりの内容確認をぜひしていただけたらと思います!

もしその結果、保険の見直しが必要になることがあれば、ぜひご相談ください!
今回はそんな感じの情報発信でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

長谷川